遺言書

遺言書の必要性

「財産がわずかしかないから大丈夫。」
「私の相続人たちは揉めないから大丈夫。」

などとお考えではないでしょうか。財産がわずかであっても,普段は仲の良い家族であっても,遺産分割に際して揉めてしまうというケースはよくあります。

相続開始までは,気にも留めていなかった被相続人の財産が,突然相続開始によって自分ももらえる権利が発生した場合,少しでも多く貰いたいという気持ちが出るのは通常の人間心理だと思います。又,相続人中に現にお金に困っている人がいる場合は,たとえ相続財産が少額であっても,ほとんど場合,揉めてしまいます。

あなたが,相続人となる人たちに残してあげたい,言わば最後のプレゼントとしての遺産を,相続人間で争いにならないように,あなたの意思・責任において遺言にて分配方法を定めておくのは義務であり又,優しさでもあります。

遺言を作成しておくと相続人達は,あなたの作った遺言を見て,あなたの意思を尊重し,あなたの意思を汲んで,あなたの希望通りに遺産の分配を進めます。

あなたの希望通り揉めること無く。

死は必ず誰にでも訪れます。

あるときは突然に・・・。

遺言は,あなた亡き後もあなたの尊厳を守り続けるための最も身近な方法です。

遺言書作成を少しでもお考えであるならば,できるだけ早い段階での遺言書作成をお勧めいたします。

あまがさき法務事務所では,貴方様と相続人様が安心出来ますよう遺言書作成のサポートをさせて頂きます。